マスターズ水泳協会

ごあいさつ

「ご挨拶」
 あけまして おめでとうございます。

 昨年は、日本を含む14のアジア諸国から約5,500人のマスターズスイマーが集結し、第1回アジアマスターズ水泳選手権大会兼第35回日本マスターズ水泳選手権大会(JAPAN MASTERS 2018)を開催。13個の世界新記録、63個の日本新記録が誕生するなど、たいへん盛り上がった大会となりました。
 レースだけではなく、様々なイベントを通じて交流が深められたものと思います。

 本協会は一昨年より、競泳以外の種目にも力を入れています。昨年は、第1回日本マスターズ・オープンウォータースイミング(OWS)、日本マスターズ水球プレ大会を開催。また、ウーマンズ・アクアティック・フェスティバル(WAF)では、OWS、飛込、アーティスティックスイミング(AS)の講習会を開催し、多くの方々にご参加いただきました。2021年に福岡市を中心に開催予定のFINA世界マスターズ水泳選手権大会では、競泳、OWS、ダイビング、水球、ASの5競技が展開されます。これを機に、競泳以外の種目にもチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 2019年を迎え、本協会はさらに新たな取り組みを検討しています。幅広い年齢層やレベル層にとってやさしい大会やイベントの開催を目指します。マスターズスポーツの原点である「楽しさ」をキーワードに、初心者の方も参加しやすい大会やイベントを検討していきたいと考えています。

 今後も様々な企画を展開し、これまで以上に大会を盛り上げていきたいと考えていますので、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人日本マスターズ水泳協会
会長 髙橋 繁浩

協会案内

名称
一般社団法人日本マスターズ水泳協会
所在地
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町3丁目2-8 グランバレー三崎町 7階
電話番号
03-3512-8221
FAX番号
03-3512-8224

目的及び事業について

目的

この法人は、マスターズ水泳の普及・振興に関する事業を行い、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。

事業

1. この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  • [1] 日本におけるマスターズ水泳の競技規則の制定及び普及促進、指導者養成
  • [2] マスターズ水泳の全国大会及びその他の大会の開催ならびに地域大会の奨励指導
  • [3] マスターズ水泳の競技会及び記録の公認
  • [4] マスターズ水泳の国際大会の開催
  • [5] マスターズ水泳競技の日本記録の公認及び世界記録の公認申請
  • [6] マスターズ水泳に関する調査、研究、指導、機関誌及び刊行物の発行
  • [7] 国内外の水泳団体との連携協力
  • [8] その他この法人の目的を達成するために必要な事業

2.前項の事業は、日本全国において行うものとする。

役員一覧

理事長(会長)
髙橋 繁浩
副会長
高木 忠之
大河内 吉行
専務理事
地平 達郎
常務理事
河野 隆次
土倉 敏男
中村 洋一
村山 よしみ
理事
泉 正文
岩崎 恭子
笠原 一也
髙橋 順一
都筑 実
中嶋 功
中村 真衣
西川 良和
萩原 智子
花嶋 美代子
山本 芳栄
監事
佐藤 博美
髙橋 伍郎

定款

財務状況

アクセス